« 四角い器を見るとついつい買ってしまう病 | トップページ | 鶏のコンフィ プロバンス風 »

2015年2月20日 (金)

シャンボール・ミュジニー 2007

年に一度くらい贅沢しようと、シャンボール・ミュジニー 2007 を開けました。
とは言え、オヤジが一人で飲むのも味気なく、友達をつき合わせました。
お・も・て・な・し、となると、料理を作るモチベーションもたかまるぅ!

0859

アンティパストはタコのカルパッチョ、アボカドとマグロのサラダ。
ソースはアッラ・ジャポネーゼとでも言いましょうか?
超簡単、市販の抱き合わせソースですが、魚介系サラダには、いつもこれが大好評。
ポン酢とマヨネーズ、フレンチドレッシング、わさびを混ぜるだけ。
(フレンチドレッシングは自家製ですが・・・)
レシピだけ見ると気持ち悪いですね^^;

0861

仙台牛のタリアータ。デミグラスも用意しましたが、いい肉は脂に甘みがあり塩だけでも十分美味しい。
ヨーロッパの岩塩と産地忘れたけど国産のミネラルの多い粗塩、ゆずこしょうなどでいただきました。

0863

舞茸のキッシュも作ったけど、写真撮るの忘れた・・・

シャンボール・ミュジニー 2007 は古酒の色をして香りも芳醇でいい香りでした。
やっぱりピノノワールが一番好きかも。

« 四角い器を見るとついつい買ってしまう病 | トップページ | 鶏のコンフィ プロバンス風 »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902473/59000870

この記事へのトラックバック一覧です: シャンボール・ミュジニー 2007 :

« 四角い器を見るとついつい買ってしまう病 | トップページ | 鶏のコンフィ プロバンス風 »